しのぶの家とは
東北テクノホームは、これまで積み重ねた経験を生かし、
2009年より規格住宅のご提案を開始しました。
しのぶの家は、構造や広さ、機能だけではなく、立地条件からも
生活環境を考えた住まいを責任あるプロの視点でご提案します。

 ※規格住宅部門名称


生活環境を考えた住まいとは
私たちはこれまで、お客様にとってより良い家をお客様と共に造りあげてきました。
そのお手伝いをさせていただいたご家族が、ご満足して頂けているご様子は私たちにとって、何より嬉しいことです。

しかし、お客様から「完成までは大変だったけど、本当に住みやすい家を建てられて良かった」とのお声をいただくことがあります。とても嬉しいお言葉ですが、私たちは家の専門家として、よりお客様に負荷の掛からないようなご提案ができないだろうか、と考えました。

お客様にとって生活の基盤となる重要な「家」を建てるために、地元に根ざした私たちができること。それは、責任あるプロの視点から、福島の土地やその周辺環境も含めた生活環境をトータルした形でご提案することなのではないでしょうか。
家を建てるためにまず必要となる土地(不動産)、どのような家にするのか(建設)、実際に建築する(大工)その全てのプロの協力のもと生み出された家を「規格住宅 しのぶの家」として、私たちはお客様にご提案してまいります。